ピロリ菌」カテゴリーアーカイブ

何でもピロリ菌の影響?|ヘリコバクター・ピロリと糖尿病は関係がある

胃の中にすむヘリコバクター・ピロリが胃がんの原因であることは有名な話です。ピロリ菌がすんでいない胃からは胃がんがほとんど発生しません。一方ピロリ菌がいると慢性胃炎を引き起こし、胃がんのリスクが高まります。 胃潰瘍、十二指 […]

子どものピロリ菌除菌、いつやるか?今でしょ!後でもいいでしょ!議論|論点は「除菌するかしないかではなく」「いつ除菌するか」

(Citation: ameblo.jp/kurisotsuya) 新聞の一面にこんな記事がありました。 『ピロリ菌の除菌子どもに必要?効果めぐり割れる』 (Citation: 朝日新聞朝刊201811.13) さすが新 […]

こどものピロリ菌感染経路|小児の80%は家族内感染

■ピロリ菌と胃がんの関係 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、さらには胃がんと関連ピロリ菌は関連があります。最近ではピロリ菌が直接の胃がんの原因ではなく、ピロリ菌が感染することにより胃内の細菌叢の多様性が低下、結果として胃がんになると […]

ピロリ菌と胃内常在細菌叢|ピロリ菌最新研究の潮流、キーワードはDysbiosis細菌叢の多様性低下

オーストラリアの病理学者Warren博士と内科医Marshall博士が発見した胃にすみつくばい菌、ヘリコバクター・ピロリがLancet医学誌に報告されたのが1983年です。 ヘリコバクター・ピロリ菌が慢性胃炎をひきおこし […]

ピロリ菌除菌治療、アモキシシリン(サワシリン)1日2回と3回どちらが効くのか|アモキシシリン1回500mg3回と750mg2回の比較

ピロリ菌治療は3種類の薬を1日2回7日間服用が標準治療です。 1日用量を2回に分けて朝夕食後ではなく、3回に分けて朝昼夕食後にしたほうが良く効く気がしますよね。 実際にはその答えは、YesでもNoでもあるのです。 抗生物 […]

ピロリ菌3次除菌はグレースビット(シタフロキサシン)が有効|西宮市中島クリニックはタケキャブ、グレースビット、サワシリンを用いた3次除菌プロトコール

■ピロリ菌の除菌治療、1次除菌、2次除菌、3次除菌 ピロリ菌除菌治療は、胃酸を抑える薬と抗生物質を1週間服します。 ほとんどの方は1回目の治療(1次除菌)で消えます。1回目の治療で消えなければ抗生物質を変更して2回目の治 […]

400か800かそれが問題だ|ピロリ菌除菌クラリスロマイシン投与量、西宮市中島クリニックは800

■ピロリ菌除菌成功率比較、従来型胃酸分泌抑制薬(PPI)とボノプラザン(タケキャブ) 2015年2月認可、胃酸分泌を強力に抑えるボノプラザン(タケキャブ)の登場で、ピロリ菌除菌率が劇的に向上しました。 従来の胃酸分泌を抑 […]

ピロリ菌除菌後も内視鏡(胃カメラ)での定期フォローアップ|除菌後内視鏡所見、小陥凹(少しへこんだ)斑状発赤がポイント

ピロリ菌除菌で胃がん予防 ピロリ菌が胃がんの原因であり、 ピロリ菌を除菌することで胃がん予防につながります。 発がん予防効果も、年齢が若ければ若いほどあることも当然です。 70才で除菌するより50才、40才で除菌です。 […]

西宮市中島クリニック院長の論文が 西宮市医師会医学雑誌に掲載されました

中島クリニック院長の論文が 西宮市医師会医学雑誌にアクセプトされ掲載されました。 著者:中島敏雄 論文タイトル:当院におけるヘリコバクター・ピロリ一次除菌の治療成績 ~抗菌薬感受性MIC値からの除菌成否予測~ 西宮市医師 […]

胃透視検査(胃バリウム検査)でピロリ菌感染を判断するAI(人口知能: artificial intelligence)

チェス、将棋や囲碁はコンピューターが勝てない分野と思われていたのがつい数年前。 ■AI(人口知能: artificial intelligence)の進歩スピード チェスの世界チャンピオンがコンピューターに敗れ 将棋もコ […]

腎臓病をもっている時のピロリ菌治療について|透析治療中のピロリ菌治療

ピロリ菌をもっていれば 胃がんや胃潰瘍再発予防のために、 除菌治療が広くおこなわれています。 抗生物質2種類と胃酸をおさえる薬1種類 計3種類での治療が保険診療で認められています。 この治療で90%以上の人が1回の治療で […]

中学生のピロリ菌感染率は5%以下|ボノプラザン(タケキャブ)、アモキシシリン(サワシリン、アモリン)、クラリスロマイシン(クラリス)の3剤併用療法で一次除菌率成功率は83%

日本人の半数にあたる、 6000万人がヘリコバクターピロリに 感染しています。 しかし、感染率は世代によって大きくことなります。 ピロリ菌をもっている割合は 年齢に比例して急増、 70才以上では7割から8割以上の方がもっ […]

日本のピロリ菌は欧米のピロリ菌よりたちが悪い

ピロリ菌が胃がんの原因であることは疑いのない事実です。 また、ピロリ菌を除菌すると胃がんの予防につながります。 (参考記事) 中島クリニックのピロリ菌除菌成功率についてのデータ 92.5%が1回の治療で除菌に成功していま […]

院長研究論文がヘリコバクター学会誌に受理掲載されました。「ヘリコバクターピロリ一次除菌におけるボノプラザンの有用性ー抗菌薬感受性ブレイクポイントとの関連検討ー

論文タイトル 「ヘリコバクターピロリ一次除菌におけるボノプラザンの有用性ー抗菌薬感受性ブレイクポイントとの関連検討ー」 日本ヘリコバクター学会誌に受理掲載されました。 ボノプラザンを用いたピロリ菌除菌で高い除菌率がえられ […]

ピロリ菌除菌成功したら、再度陽性になることはほとんどない

ピロリ菌除菌治療成功して『陰性』となった後、ピロリ菌にまた感染するのでしょうか? 答えは、NOです。正確に言うと、ないわけではありませんが、再感染はほとんどないといえます。 除菌後の経過について調べた論文が多数あります。 […]

一つだけでいいので、根拠となるデータを探そう|サプリメントや健康食品の相談

さまざまな、サプリメントを持ってこられ相談を受けます。 ヒアルロン酸効きますか グルコサミン効きますか 命の・効きますか 皇・効きますか 救・効きますか 一つだけでいいので、効く根拠となるデータを探そう 健康食品でもサプ […]

ピロリ菌の三次除菌療法

2000年にピロリ菌除菌の保険適用は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対して認められました。プロトンポンプ阻害薬と抗生物質2剤(アモキシシリン+クラリスロマイシン)を組み合わせた治療です。これはピロリ菌一次除菌療法と呼ばれます。こ […]

ピロリ菌を持っているかどうかを調べる方法について

胃かいよう、十二指腸かいようの原因である「ピロリ菌」の治療法は以前ブログで少しお話をしました。では、そもそもピロリ菌を持っているかどうかはどうやって分かるのでしょうか? 一番正確な方法は、ピロリ菌がすみついている場所「胃 […]

ピロリ菌と潰瘍

「ピロリ菌」について相談を受ける事が最近増えました。テレビ健康番組などの影響で「ピロリ菌」が有名になったからでしょうか。今日はピロリ菌のお話を少しいたします。 ピロリ菌と言う名前を聞いた事がありますか? ヨーグルトのテレ […]