サプリメント」カテゴリーアーカイブ

過敏性腸症候群(IBS)に有効な食事療法低FODMAP、ビフィドバクテリウム入りのプロバイオティクス併用を考慮

オーストラリア発の食事療法
過敏性腸症候群に有効な
低FODMAP食

参考記事
●過敏性腸症候群(IBS)に有効な食事療法低FODMAP、ビフィドバクテリウム入りのプロバイオティクス併用を考慮

■低FODMAP食とは

オーストラリアの
ピーター・ギブソン医師が中心となり提唱している食事療法です。

お腹のはり、腸の過敏は
腸内で発酵する物質を制限、
主に糖質を制限する食事です。

FODMAP(フォドマップ)は

Fermentable(発酵性の)
Oligo-saccharides(オリゴ糖)
Disaccharides(二糖類)
Mono-saccharide(単糖類)
and
Polyols(ポリオール類)
の略です。

■低FODMAP食の腸内細菌叢への影響

SF36やIBS-QOLなどのスコアで評価すると
過敏性腸症候群の症状を低FODMAP食は
有意に改善しています。

低FODMAP食は、過敏性腸症候群で生活困っている方にとって福音となりそうです。


(Citation: Whelan K et al. A Diet Low in FODMAPs Reduces Symptoms in Patients With Irritable Bowel Syndrome and A Probiotic Restores Bifidobacterium Species: A Randomized Controlled Trial.Gastroenterology. 2017 Oct;153(4):936-947)

低FODMAP食を4週間食べた人を調べると、
どうもビフィドバクテリウムが減ってしまうようです。


ビフィドバクテリウム、聞き慣れないことばですが
分かりやすくいえば、ビフィズス菌と思ってください。
善玉菌です。

ビフィドバクテリウムは、糖質
とくに、オリゴ糖を材料として
酢酸や乳酸などの
体によい物質を作ります。

低FODMAP食のOはOligo-saccharides、オリゴ糖のOです。
低FODMAP食では、オリゴ糖を制限します。
結果、善玉菌である、ビフィドバクテリウムが減ってしまうようです。

■低FODMAP食に、ビフィドバクテリウム入りのプロバイオティクスを併用したらどうなる

低FODMAP食に、ビフィドバクテリウム入りのプロバイオティクスを併用したら
ビフィドバクテリウムが減りませんでした。

低FODMAP食には、プロバイオティクスの併用を
考慮してもよいかもしれません。

低FODMAP食に関する、研究はスタートしたばかります。
今後の動向注視していきたいところです。

この研究で使われているプロバイオティクス
こんな成分です。
Streptococcus thermophilus DSM 24731
Bifidobacterium breve DSM 24732
B. longum DSM 24736
B. infantis DSM 24737
Lactobacillus acidophilus DSM 24735
L. plantarum DSM 24730
L. paracasei DSM 24733
L. delbrueckii subsp. bulgaricus DSM 24734

8種類ものプロバイオティクスが含まれています。

日本では売っていないのですが、
ヨーロッパではVivomixx
アメリカではVisbiome
の登録商標で売られています。

ネットで調べてみると
Visbiome High Potency Probiotic
60 Caps
$54.89

Visbiome 60錠 6000円ぐらいみたいですね。

まとめ
低FODMAP食は過敏性腸症候群(IBS)に有効な食事療法
低FODMAP食に関する研究は始まったばかり
低FODMAP食にはビフィドバクテリウム入りのプロバイオティクス併用を考慮

こんな記事も書いています

●潰瘍性大腸炎にプロバイオティクス(善玉菌)は効くのか|プロバイオティクス VSL#3が有望

よくある質問「先生このサプリメントのんでいいですか?」|サプリメント、マルチビタミンのまとめ

先生、
このサプリメントのんでいいですか?
膝が痛いのでサプリメントのんだ方がいいですか?
多くの患者さんから聞かれる質問です

私がサプリメントやマルチビタミンについて
書いたブログ、
まとめておきます

おすすめ記事

おすすめは

ピロリ菌は蜂蜜(マヌカハニー)で除菌できるのか
▶一つだけでいいので、根拠となるデータを探そう|サプリメントや健康食品の相談

認知症はマルチビタミンで予防できるのか
▶医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

です。

サプリメントやビタミンの効果は

飲んだ→体楽になった気がする→だから有効
式の論法で語られることがほとんどですが、

ダブルブラインド、ランダムコントロール試験(RCT)で
認知症の予防となるかどうか、
マルチビタミンの効果を評価している論文があります。
こんなことまで、ランダム化比較試験をしてしまう
アメリカ、すごい国です。

サプリメント・マルチビタミン関連記事まとめ

▶医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

▶グルコサミンの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

▶合わせ技一本なるか。グルコサミンとコンドロイチン、膝の痛みに6ヶ月間のんだ結果

▶心筋梗塞再発予防に高用量マルチビタミンを5年間服用し続けた結果|ランダムコントロールスタディー(RCT)で明かされる高用量マルチビタミンの効果

▶ビタミン剤・サプリメントは必要か

▶サプリメントで寿命はのびるのか

▶一つだけでいいので、根拠となるデータを探そう|サプリメントや健康食品の相談

■まとめ
大規模ランダム化比較試験(RCT)でサプリメントやマルチビタミンの効果は証明できなかった。
今のところ、誰もが納得する、効果を証明した大規模研究はなさそう。今後に期待。

サプリメントで寿命はのびるのか

当院は消化器内科を専門としているので
患者さんからの相談で

「ピロリ菌調べた方がいいですか」
「大腸カメラ何歳から受けたらいいですか」
など胃腸に関わる相談は多いのですが

それとならんで、多いのが

「サプリメント飲んだ方がいいでしょうか」
とサプリメントやビタミンに関する相談です。

健やかに過ごしたいのは万人の望みです。
何かよいものがあれば、と思うのは当然です。

往年の名優が、サプリメントを愛用していると聞けば、期待する対象がサプリメントやビタミンに向かうのは当然です。

『サプリメント』
必要かどうか、判断する一助となる客観的に効果を判断したメタアナリシスの結果を紹介いたします。

情報があふれている時代、どのような情報を信用すればいいのでしょうか。

グーグルで「サプリメント」と検索すると
75,900,000 件
ヒットします。
その検索のトップページ、11記事のうち10記事はサプリメント通販サイトです。

サプリメントが必要かどうかgoogleの検索結果では判断つきません。

では、サプリメントを飲んでいる人に、感想を聞くといいでしょうか?

極めて主観的な答えが返ってくるだけです。

参考にするべきは、ランダム化比較試験(ランダムコントロールスタディ)、RCTです。

ランダム化比較試験とは、サプリメントを飲んだ人、飲まなかった人の2群に分けて、その効果を調べた検討結果です。

参考記事
マルチビタミンの心筋梗塞再発予防効果

医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

ランダム化比較試験の結果だけでも十分です。

が、念には念をいれるため、ランダム化比較試験を複数集めてさらに吟味したのがメタアナリシス(meta-analysis)です。

サプリメントの効果をメタアナリシスしたものがあります。

Citation: Bjelakovic Goran et al. Mortality in randomized trials of antioxidant supplements for primary and secondary prevention: systematic review and meta-analysis. JAMA. 2007 Feb 28;297(8):842-57.

16,111本の抗酸化作用を有するサプリメントと消化器系がんに関連に関する研究報告から、68本のランダム化比較試験を抽出して詳細に検討しています。

ランダム化比較試験1本だけでも、ものすごい情報量なのですが、なんと68本ものランダム化比較試験を検討しています。

サプリメント群の死亡率への効果は
1.02; 95%CI, 0.98-1.06)

ランダム化比較試験全体のデータを合わせて効果を検討した結果は、サプリメント服用群と服用していない群で死亡率に差はありませんでした。

サプリメントで寿命のびない、という結論です。

話はここで終わらず、

βカロテン RR1.07
ビタミンA RR1.16
ビタミンE RR1.04

βカロテン、ビタミンA、ビタミンE服用では死亡率がアップした。
脂溶性ビタミンの長期服用には注意が必要です。

まとめ
抗酸化作用を有するサプリメント服用することで、寿命がのびることはなかった。

逆に、βカロテン、ビタミンA、ビタミンE服用では死亡率がアップしたので、ビタミンAやEなどの脂溶性ビタミンの長期服用には注意が必要です。

参考記事
・心筋梗塞再発が、ビタミンで予防できたか
・医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

患者さんから
「疲れやすいのでビタミンのんだ方がいいでしょうか」
「何か元気になるビタミンください」
よく相談されます。

この質問にきちんと答えるため、
ビタミンが体にいいことを示す客観的なデータがあるかどうか、関連論文を調べています。

ビタミンは残念ながら、心筋梗塞再発予防
に『無効』のようです。
参考記事「心筋梗塞再発予防に高用量マルチビタミンを5年間服用し続けた結果|ランダムコントロールスタディー(RCT)で明かされる高用量マルチビタミンの効果」

マルチビタミンは『認知症』の予防になるのか

では、ビタミンを飲んでいれば、『認知症』にならずに健やかに過ごせるのか。

マルチビタミンが認知症予防に効果があるかどうかを検討した報告を紹介いたします。

ビタミンには抗酸化作用など体にプラス作用があると期待されています。
認知症予防効果や如何に。

65才以上の男性医師5947人を対象にマルチビタミンの効果を調べています。

この研究がすばらしいのは、効果を厳密に評価するために、2群に分けています

1. マルチビタミンを服用群
2. マルチビタミンと思ってプラセボ(偽薬)を服用群

に分けて調べています。

しかも、ダブルブラインドです。

ダブルブラインドとは、この検討に参加したマルチビタミンを飲んでいる人は、本物のビタミンを飲んでいるかプラセボ(偽薬)を飲んでいるか知らない。

また、この検討をしている研究者自身も、誰が実薬(マルチビタミン)を飲んだのか、偽薬(プラセボ)を飲んだのか知りません。

これがダブルブラインドです。

効果を調べる時に、一番確かな検討方法は
・ダブルブラインド
・ランダムコントロールスタディー(RCT)無作為化比較試験
です。

ランダムコントロールスタディーとは、ある薬や治療を行ったもの行わなかったものの2群に無作為に分けて、どんな差がでるか時間をかけて調べる方法です。

ダブルブラインド・ランダムコントロールスタディーは、効果を調べるために最高の手法ではりますが、非常に時間と手間がかかるのが難点です。
さらには、2群に分けて効果を調べますので倫理的に出来ない場合もあります。

男性医師がマルチビタミンを12年間のみ続けた結果

マルチビタミンの効果を調べるために5947人の男性医師を2群に分けて(ダブルブラインド、ランダムコントロールスタディーRCT)
・マルチビタミン内服
・マルチビタミンと思って空の錠剤(プラセボ)

12年間、経過観察、認知機能を評価しています。

Citation: Francine Grodstein et al. Long-Term Multivitamin Supplementation and Cognitive Function in Men: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2013;159(12):806-814.

結果は、マルチビタミン服用群とプラセボに認知力の差はありませんでした。

まとめ
残念ながら、マルチビタミンには認知症予防効果ありませんでした。

参考記事
・心筋梗塞再発予防に高用量マルチビタミンを5年間服用し続けた結果|ランダムコントロールスタディー(RCT)で明かされる高用量マルチビタミンの効果

心筋梗塞再発予防に高用量マルチビタミンを5年間服用し続けた結果|ランダムコントロールスタディー(RCT)で明かされる高用量マルチビタミンの効果

患者さんから
「疲れやすいのでビタミンのんだ方がいいでしょうか」
「何か元気になるビタミンください」
よく相談を受けます。

そんなすばらしいビタミンあれば、是非ともおすすめしますが、現実や如何に。

もちろん、胃切除後やベジタリアンなど、病気や食習慣の影響で特定のビタミンが欠ける「ビタミン欠乏症」には、必要なビタミンを補うことが重要です。

参考記事
ビタミン剤・サプリメントは必要か

ビタミンやミネラルには抗酸化作用など体にプラス作用があると期待されています。

健康に過ごしているひとが、ビタミンを摂取する意義はどこにあるのでしょうか。

ビタミンやミネラルを摂取することで、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防など、何らかのよい『プラスの効果』を期待してのことです。

ビタミンの効果どうやって調べたらわかるでしょうか?

ビタミンを飲んでいる人に、のんでから元気になったかどうかを聞けばいいでしょうか?

ビタミン飲んでから元気になったと言う人がいたとすれば効果ありとしていいのでしょうか。

効果あるとは断定できないですよね。
なぜならば
薬には偽薬(プラセボ)効果とよばれる作用があり、飲んだだけで『効いた気がする』ものです。

では、ビタミンの効果を調べようとすればどのようにすればよいでしょうか?

ビタミンが効いたのか、単にプラセボ効果で効いた気がするだけなのかを調べるためには
ランダムコントロールスタディー(RCT)
とよばれる検討をすれば、客観的に判断できます。

2つのグループに分けます
1.ビタミンを飲み続けるグループ
2.ビタミンと思って飲み続けるが、本当は偽薬(プラセボ)だったグループ
の比較します。
1グループが、偽薬(プラセボ)の2グループより効果があれば、ビタミン効果ありと客観的に判断できるのです。

過去にもビタミンやミネラルの効果を調べた研究は多数ありますが、対象人数が少なかったり、プラセボ群との比較がなかったりと、客観的に判断できないものばかりでした。

多人数を長期間にフォロー、しかもビタミン服用群とプラセボ群に分けて評価した報告があります。

Ann Intern Med誌に発表された、マルチビタミンの効果を判定した研究を紹介いたします。

Ctation: Gervasio A. Lamas et al. Oral High-Dose Multivitamins and Minerals After Myocardial Infarction: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2013;159(12):797-805.

50才以上の心筋梗塞を起こした人を対象に、134の医療機関が協力して検討しています。
1708人を、
28種類の高用量マルチビタミン服用する群、
プラセボ(ビタミンが入っていない錠剤)
を服用する群に分けて比較しています。
平均フォロー期間55ヶ月です。

28種類の高用量マルチビタミンの内訳は
以下の内容です。

ありとあらゆる種類のビタミン、ミネラル
をミックスした、すばらしい組成となっています。

1日摂取用量
Vitamin A 25,000 IU
Vitamin C 1,200 mg
Vitamin D3100 IU
Vitamin E  400 IU
Vitamin K1  60 mcg
Thiamin (vitamin B1) 100 mg
Niacin 200 mg 1
Vitamin B6 50 mg
Folate 800 mcg
Vitamin B12 100 mcg
Biotin 300 mcg
Pantothenic acid  400 mg
Calcium 500 mg
Iodine 150 mcg
Magnesium 500 mg
Zinc20 mg
Selenium 200 mcg
Copper 2 mg
Manganese 20 mg
Chromium 200 mcg
Molybdenum 150 mcg
Potassium 99 mg
Choline150 mg
Inositol 50 mg
PABA ( para-amino benzoic acid) 50 mg
Boron 2 mg
Vanadium 39 mcg
Citrus Bioflavonoids 100mg

 
結果は、

この約5年間にもおよぶ検討の結果には
いい話と、残念な話があります。

まず、最初に
残念な話からすると、

5年間、28種類からなる高用量マルチビタミン・ミネラルを飲み続けた結果
『マルチビタミンに心筋梗塞再発予防効果、ありませんでした』

Kaplan-Meierでのグラフをみると、28種類からなる高用量マルチビタミンを服用した人たちの方がごくわずかに心血管イベントの再発率が低いようにグラフでは見えますが、プラセボ(偽薬)を服用している人と比べ、心筋梗塞の再発率に有意な差はありませんでした。

次に、
いい話をしましょう、
高用量マルチビタミン・ミネラル5年間服用しつづけても『副作用はありませんでした』

高用量マルチビタミン効果もなければ、副作用もないという、身も蓋もない結末でした。

まとめ
ランダムコントロールスタディー(RCT)で
高用量マルチビタミンの効果を厳密に評価したところ、
残念ながら、高用量マルチビタミンは心筋梗塞再発予防の効果ありませんでした。

参考記事
医者が認知症予防のため12年間マルチビタミンを飲み続けた結果
サプリメントで寿命はのびるのか

ビタミン剤・サプリメントは必要か

より健やかに過ごしたいとの思いから、
サプリメントのんだ方がいいでしょうか?
は外来でのFAQ(よくある質問)です。

サプリメントのコマーシャルで、
往年の大スターのはつらつとした姿をみると、
サプリメント効果あり、
と思わせる魔力あります。

日本はものが溢れ、
食糧不足からは縁遠い、
飽食の時代となりました。

栄養過多の時代にビタミンやサプリメントを補う効果について考えてみます。

まずは、欠乏症についてです。

ビタミンや微量金属は欠けると、さまざまな病気を引き起こします。

ビタミンA欠乏 夜盲症
ビタミンB1欠乏 脚気
ビタミンB12欠乏 悪性貧血、神経障害
ビタミンC欠乏 壊血病
ビタミンD欠乏 骨粗鬆症
ビタミンK欠乏 出血
鉄欠乏 鉄欠乏性貧血
亜鉛欠乏 味覚障害

普通の食生活をしている限り、
ビタミン不足になることはほとんどありません。

ビタミン欠乏に注意する食生活としては、ベジタリアン生活でしょうか。

ベジタリアンにも厳密さにレベルがあり、
なかでも完全菜食主義とよばれるビーガン(Vegan)では、「ビタミンB12」「亜鉛」欠乏は必発です。
ビタミン剤による補給が必要です。

胃を全摘した後は、
鉄やビタミンB12の吸収が極端に低下するため、
胃全摘、鉄欠乏性貧血やビタミンB12欠乏による悪性貧血の予防が大切です。

さらにビタミンB12欠乏が神経に悪影響をおよぼす亜急性連合性脊髄変性症を発症してしまうと、ビタミンを補っても、完全に回復しない場合があります。

若い女性に多い鉄欠乏性貧血は、生理などで失う鉄分が食事からとる鉄分で補い切れていない状態です。
鉄分入りのマルチビタミンなどをとることが有用です。

これらは、欠けているビタミンやミネラルを補うことが病気の治療となる。
『足りないものを補う』位置付けです。

では、健康で栄養状態良好な人が摂取するマルチビタミンなどのサプリメントは何を期待して摂取することになるのでしょうか。

足りないものを補う治療的な位置付けとは異なります。

ビタミンやサプリメントが有する、抗酸化作用など何らかのプラス作用を期待しています。
余分に摂取することで、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防など、何らかのよい効果です。
『足りているものを、プラスの効果を期待して、さらに補う』位置付けです。

「疲れていても、ビタミン剤をのんだら元気になった」
こんな主観的な判断も結構ですが、
高いお金をだして買うものなので、客観的に効果を判断してみてはどうでしょうか。

認知症予防、寿命、プラス効果が
ビタミンやサプリメントにあったかどうかを、長期的に内服した結果を検討した研究があります。

1. 心筋梗塞の再発予防に高用量のマルチビタミンは効くか

2. 医者が認知症予防のために12年間マルチビタミンを飲み続けた結果

3. サプリメントで寿命はのびるのか

マルチビタミンで認知症が予防できれば、夢のようですよね。
結果やいかに。

長くなってしまいましたので、
別ページで結果紹介いたします。

潰瘍性大腸炎にプロバイオティクス(善玉菌)は効くのか|プロバイオティクス VSL#3が有望

腸内細菌環境が悪くなると、
糖尿病が悪化したり、
癌が増えたりすることが近年の研究で明らかになってきています。

腸内細菌環境を、
プロバイオティクス(善玉菌)を摂って
改善しようと考えるのは自然なことです。

プロバイオティクスと病気の関係

プロバイオティクス、
有名なところでは、乳酸菌、ビフィズス菌などです。

大腸に原因不明の炎症が起きる病気である潰瘍性大腸炎においても、
プロバイオティクスは腸内環境を改善してくれ、
病状の改善に期待できそうです。

しかし、潰瘍性大腸炎に有効なデータがあるプロバイオティクス、
ほとんどないのが現状です。

有効性が報告されているのは「VSL#3」というプロバイオティクスでしょうか。
(注意: 日本では販売されていません)

潰瘍性大腸炎の治療にプロバイオティクスVSL#3は有効か

潰瘍性大腸炎の治療時に、
バルサラジン(日本未承認の5-ASA製剤プロドラッグ)と一緒に
プロバイオティクスであるVSL#3服用が有効であることが
報告されています。


Hedin C et al. Evidence for the use of probiotics and prebiotics in inflammatory bowel disease: a review of clinical trials. Proc Nutr Soc. 2007 Aug;66(3):307-15.

その他、さまざまなプロバイオティクスの効果が検証されていますが、VSL#3を除いて、
有効性がほとんど示せていないのが現状です。

プロバイオティクスに関する研究まだまだ始まったばかりです。
今後のさらなる展開に期待です。

まとめ
潰瘍性大腸炎にプロバイオティクス VSL#3が有望

もう一度「牛乳」の意義を考える時が来たのかもしれない 

子供の頃は背が高くなりたくて「牛乳をがんばって飲んでます」
ある年齢からは骨粗鬆症予防にカルシウムをとるため「牛乳をがんばって飲んでます」
と、みなさん牛乳大好きです。

私は、特に好きでも嫌いでもなく、牛乳は朝のコーヒーに入れるぐらいでしょうか。

昭和30年代に「学校給食用牛乳取扱要領」が通知され、給食で脱脂粉乳が牛乳に変わって出されるようになりました。
昔は、栄養状態改善に牛乳が大きな役割を果たしました。
現在、飽食の時代となり、わざわざ牛乳をのまなくてもカルシウムは他の食材から十分に摂取できます。

1日何杯牛乳を飲むか、そしてその結果、骨折が減るのか、死亡率は低下するのかを検討した報告があります。

スエーデンで61,433人の女性、45,339人の男性、併せて10万人を詳細にフォローしています。

結果は、予想の真逆で、牛乳をたくさん飲んでいる女性は(1日3杯以上)の、骨折が増え、死亡率が上昇する結果でした。

日常的に牛乳をよく飲んでいたり、カルシウムを取るためにと思って牛乳を一生懸命飲んでいると、逆に骨折が増えてしまったのです。

20161127224521

Michaelsson K et al. Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies. BMJ. 2014 Oct 28;349

牛乳を多量摂取すると、酸化ストレスのマーカであるプロスタグランジンF2α (8-iso-PGF2α)や炎症のマーカであるインターロイキン6 (IL-6)が上昇することから、牛乳多量摂取が何らかの炎症を起こしてしまうことが、骨折や死亡率を高めた一因のようです。

20161127224555

牛乳が体に「いい」という報告も多数ありますが、このような逆の報告もあることは知っておいてもよいでしょう。

昭和30年代以降みんな大好きな「牛乳」、物資に恵まれバランスよく栄養を摂取できるようになった現代、もう一度「牛乳」の意義を考える時が来たのかもしれません。

合わせ技一本なるか。グルコサミンとコンドロイチン、膝の痛みに6ヶ月間のんだ結果

膝の痛みに人気のサプリメントといえば
「グルコサミン」「コンドロイチン」ですね。

有名な「グルコサミン」ですが、「グルコサミン」だけの内服では、効果がありませんでした

詳しくは、こちらをどうぞ。
グルコサミンの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

では、「グルコサミン」と「コンドロイチン」一緒に飲んだらどうでしょう。

アメリカ ユタ大学医学部らの研究グループが変形性膝関節症1583人に対して、「グルコサミン」と「コンドロイチン」を一緒に飲んで、痛みに効果があるかどうか検討しました。

20160821000517
結果、6ヶ月後
「グルコサミン」と「コンドロイチン」併用で、痛みが66.6%の患者さんで改善効果あり。
と素晴らしい効果のように見えます。
が、プラセボ(偽薬)でも6ヶ月後に、60.1%の患者さんで改善しており、効果に有意な差がありませんでした。(写真左上)
期待に反して、「グルコサミン」と「コンドロイチン」併用しても、効果がないという残念な結果でした。

しかしここで話しは終わらず。
詳しく検討してみると(写真右下)、全員が全く効かなかったわけではありませんでした。
痛みが軽い方には効果全くありませんでしたが、中等度以上の痛みがある方には「グルコサミン」と「コンドロイチン」併用が少しは効果があるかもしれないことが分かりました。効果としてはわずかなので過大な期待はできませんが、「グルコサミン」と「コンドロイチン」併用に関する朗報ではあります。

膝が痛いときに「グルコサミン」と「コンドロイチン」を併用するよりは、セココキシブ(セレコックス)などの消炎剤の服用が妥当でしょうか。

まとめ
期待に反して、膝の痛みに「グルコサミン」「コンドロイチン」併用の効果が確認できませんでした。

グルコサミンの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい

膝や腰が痛いと生活が制限され、つらいものです。
薬にたよらず、なんとか改善したい。

快適な毎日を応援!高い人気のサプリメント!と聞くと
効きそうな気がします。
「グルコサミン」は痛みを和らげてくれるのでしょうか。

1.軟骨がすり減ることで膝などの痛みがでる。
2.軟骨はコラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンなどから生成される。
3.その成分を補えば、関節痛がなおるであろう。
この1→2→3思考がサプリメントです。

論より証拠
「グルコサミン」飲んでみでどうなのでしょうか。
それが知りたいところです。

ピッツバーグ大学、ボストン大学が中心となり、グルコサミンの効果を検討した報告があります。
グルコサミンもしくはプラセボ(偽薬)をのんで、膝の軟骨の障害度合いを、3Tの超高性能MRIで撮影してWONMACスコアで評価、軟骨破壊の指標であるCTX-IIを測定しました。

20160816225033
研究の結果は、期待に反して残念な結果でした。
軟骨の障害度合いはグルコサミンをのんでいても、プラセボ(偽薬)と違いはありませんでした。
さらに、グルコサミンをのんでも軟骨破壊の指標であるCTX-IIも減りませんでした。
半年間グルコサミンのんでも、全く効果がなかったのです。

よい知らせとしては
研究者たちは論文のなかで
短い期間の研究では、グルコサミンをのむことで、軟骨破壊の指標の改善や膝軟骨の破壊を改善することはできなかった」と述べています。
この研究はグルコサミンが効かないと結論づけるものではなく、6ヶ月間という服用期間が短すぎただけ。とも説明できることが、よい知らせでしょうか。
やや苦しい解釈ですが。

グルコサミンの置かれている状況はこんな感じです。

参考記事

合わせ技一本なるか。グルコサミンとコンドロイチン、膝の痛みに6ヶ月間のんだ結果