お知らせ」カテゴリーアーカイブ

2018年(平成30年)中島クリニックの年末年始診療案内|年末29日(土)まで通常診療、年始4日(金)から通常診療です。

2018年(平成30年)中島クリニック年末年始の休診は、下記の通りとなります。

2018年(平成30年)年末年始

12月28日(金)通常通り診療(診療、胃カメラ、大腸カメラ検査施行)
12月29日(土)通常診療
12月30日(日)休診
12月31日(月)休診
1月1日(火)休診
1月2日(水)休診
1月3日(木)休診
1月4日(金)通常通り診療(診療、胃カメラ、大腸カメラ検査施行)

The Lancet Gastroenterology & Hepatologyに中島クリニック院長共著論文がアクセプトされました。|Safety and efficacy of the sodium-glucose cotransporter 1 inhibitor mizagliflozin for functional constipation: a randomised, placebo-controlled, double-blind phase 2 trial.

The Lancet Gastroenterology & Hepatologyに中島クリニック院長共著論文がアクセプトされました。

世界で最も権威ある雑誌の一つであるランセットの消化器専門誌に論文掲載されました。

論文タイトル
「Safety and efficacy of the sodium-glucose cotransporter 1 inhibitor mizagliflozin for functional constipation: a randomised, placebo-controlled, double-blind phase 2 trial.」

世界初となる作用機序をもつSGLT1阻害薬の臨床効果の報告です。

SGLTにはサブタイプ(種類)があり、SGLT1は主に小腸上皮で発現しています。

ダブルブラインドで便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)に有効性を示すことができました。新たな作用機序のIBS-C治療薬として臨床化が期待されるところです。

論文タイトル
【Safety and efficacy of the sodium-glucose cotransporter 1 inhibitor mizagliflozin for functional constipation: a randomised, placebo-controlled, double-blind phase 2 trial】

論文著者
Fukudo S, Endo Y, Hongo M, Nakajima A, Abe T, Kobayashi H, Nakata T, Nakajima T, Sameshima K, Kaku K; Mizagliflozin Study Group.

掲載論文
Lancet Gastroenterol Hepatol. 2018 Sep;3(9):603-613. doi: 10.1016/S2468-1253(18)30165-1. Epub 2018 Jul 25.

要約
Abstract

BACKGROUND:

Mizagliflozin is a novel oral sodium-glucose cotransporter 1 (SGLT1) inhibitor that increases luminal glucose and water. This study assessed the efficacy and safety of mizagliflozin in patients with functional constipation.

METHODS:

In this multicentre, randomised, double-blind phase 2 trial at 32 hospitals and community outpatient clinics in Japan, we enrolled patients with functional constipation or constipation-predominant irritable bowel syndrome, aged 20 years or older. Patients were randomly assigned (1:1:1), by use of an independent centralised registration system and dynamic allocation method, to receive mizagliflozin 5 mg, mizagliflozin 10 mg, or placebo, orally once daily for 4 weeks. Patients, investigators, staff, and the sponsor were blinded to the group assignments. The primary outcome was the change from baseline in the number of spontaneous bowel movements per week after 1 week. Efficacy analysis was done in all patients except those who deviated from good clinical practice, did not receive at least one dose of the study drug, withdrew before starting treatment, were ineligible, or for whom the primary outcome could not be assessed, and safety was assessed in all patients except those who deviated from good clinical practice, who did not receive the study drug, or who withdrew before receiving treatment. This trial is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT02281630, and is completed.

FINDINGS:

Between Oct 15, 2014, and March 7, 2015, 258 patients with functional constipation were randomly assigned: 86 patients per group. Two patients from the placebo group and three from the 10 mg mizagliflozin group were excluded because the primary outcome could not be assessed, and one patient from the 5 mg mizagliflozin group was excluded for not receiving the study drug; therefore 84 patients in the placebo group, 85 in the 5 mg mizagliflozin group, and 83 in the 10 mg mizagliflozin group were included in the full analysis population. Mean change from baseline in the number of spontaneous bowel movements per week after 1 week with mizagliflozin 5 mg (3·85 [SD 3·96]) and mizagliflozin 10 mg (5·85 [6·01]) was significantly greater than those in the placebo group (1·80 [1·80]; p<0·0001 for both comparisons). The most common adverse events were nasopharyngitis (one [1%] of 86 patients in the placebo group, seven [8%] of 85 on mizagliflozin 5 mg, and five [6%] of 86 on mizagliflozin 10 mg), diarrhoea (none on placebo, four [5%] patients on mizagliflozin 5 mg, and eight [9%] on mizagliflozin 10 mg), and abdominal distention (three [3%] on placebo, four [5%] on mizagliflozin 5 mg, and seven [8%] on mizagliflozin 10 mg). Only diarrhoea and abdominal distention were deemed to be related to mizagliflozin treatment, whereas nasophanyngitis might not be related to mizagliflozin treatment, on the basis of clinical evaluation.

INTERPRETATION:

The SGLT1 inhibitor mizagliflozin showed favourable efficacy and tolerability at 5 mg and 10 mg doses in patients with functional constipation, providing a potential alternative therapy to available drugs.

中島クリニック院長、第4回阪神生活習慣病フォーラムにて基調講演

2018年10月13日(土)
中島クリニック院長、第4回阪神生活習慣病フォーラムにて基調講演いたします。

演題:西宮市の慢性腎臓病(CKD)重症化予防への取り組み
~慢性腎臓病(CKD)予防連携事業、枠組み作りから事業実施1年後の経過~

西宮市公衆衛生委員会委員長として枠組みづくりに携わった、慢性腎臓病(CKD)予防連携事業の概要、昨年10月事業発足以降の経過を報告いたします。

中島クリニック院長、CKD Up Date in 西宮にてオープニングリマークスで講演いたします

2018年8月2日(木)
CKD Up Date in 西宮
~慢性腎臓病予防連携について考える~
中島クリニック院長がオープニングリマークスで
「西宮市慢性腎臓病(CKD)重症化予防連携事業の枠組み、昨年10月開始以降の実施状況」について講演いたします。

医療通訳テキストが完成しました|中島クリニック院長シナリオ監修

シナリオ監修として関わらせていただいた 「医療通訳テキスト」がついに完成、厚生労働省のホームページに掲載されました。

「医療通訳」聞き慣れないことばですが、外国の方が母国語で医療をうけることができるようにサポートするのが医療通訳です。

私は、シナリオ、例文医学的チェック、単語対訳のチェック(英語部分)を担当させていただきました。

378ページの大作、企画から編集、装丁まで、多文化共生センターきょうとスタッフのみなさま本当にお疲れさまでした。

厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

「医療通訳育成カリキュラム基準 医療通訳テキスト」

中島クリニック院長が医者が選ぶ専門医Best Doctors in Japanに選出されました

中島クリニック院長が、
医者が選ぶ専門医Best Doctors in Japan2018-2019に選出されました。

米国ベストドクターズ社(Best Doctors, Inc.:本社・ボストン)からBest Doctors in Japan(TM) として中島クリニック院長が選出されました。


ベストドクターズ社は1989年にハーバード大学医学部所属の医師2名によって設立され、世界各国で病状に応じた適切な治療やセカンドオピニオン取得のための名医紹介を行っている会社です。

ベストドクターズ社の名医選出方法は、膨大な数の医師に対して「もし、あなたやあなたの家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、あなな以外のどの医師に治療をお願いしますか?」 とアンケートを行い、その中で治療能力、研究結果,最新医療情報への精通度などを考慮した上で、ある一定以上の評価を得た医師(それぞれの国での医師全体の上位1%程度)を名医(Best Doctors)と認定するというものです。

名医データベースは常に医療の最前線で活躍している、経験豊富な医師のみが対象となっています。

西宮市中島クリニック院長、第18回西宮市医師会ドック講演会で「今や10人に1人 CKD(慢性腎臓病)を知る」を講演いたします

2018年2月22日(木)
西宮市中島クリニック 中島敏雄 院長

第18回西宮市医師会ドック講演会
「今や10人に1人~CKD(慢性腎臓病)を知る~」
講演いたします。

場所:西宮健康開発センター

「タバコと健康」をテーマに小学校で講演いたします

2018.2.15(木)
西宮市立段上西小学校6年生を対象に
「タバコと健康」をテーマに講演いたします。

アイコス、グロー、プルームテックなど最近流行の
「電子たばこ」についてもお話いたします。

(citation: http://www.tobacco-control.jp/heat_not_burn.htm)。