胃カメラ検査

受付

flow
午前中検査の方は、夜10時以降は何も食べないでください。それまでは普通に夕食を取って頂いて構いません。
午後検査の方は朝7時までに朝食をすませ、それ以降は何も食べないでください。
午前検査、午後検査共に水、または色のついていないスポーツドリンクでしたら飲んで頂いて構いません。

胃カメラ検査前、問診

flow
薬のアレルギーや緑内障、前立腺肥大などの病気などを問診します。
バイアスピリンやワーファリンなどの血液をさらさらにする薬を服用しているか、入れ歯、治療中のぐらぐらしている歯がないかなどを確認し、胃カメラ検査前に必要な問診をとります。
この時、貴金属類や義歯を外してください。
口紅をされている場合は取っていただきます。

水薬の服用・鎮静剤注射

flow
水薬の服用をして頂きます。(胃の中のあぶくを消す薬です)
また、検査をスムーズにするために軽い鎮静剤を注射します。
これにより、意識はありますが楽に受けて頂くことが可能です。
また鼻に麻酔をかけます。ゼリー状の「ますい」を鼻に入れます。

内視鏡検査

flow
内視鏡を鼻から入れます。食道、胃、十二指腸を見ます。
病気が見つかれば「生検かんし」という道具で病変の一部をつまみ取り、検査に出します。
眠っている間に15分ほどで検査は終了します。

休憩

flow
検査後30分~1時間程度休憩をして頂きます。
検査後はふらついたりすることがありますので、自動車やバイクでのご来院はお控えください。

説明

flow
胃カメラ検査の説明をいたします。 病変が見つかった場合の生検の結果は2週間後になります。
胃カメラ検査はお電話で予約可能です
胃カメラ検査は木曜日・土曜午後を除く平日検査可能です