便潜血検査

便潜血検査職場の健康診断やドックで便の検査をする機会あるかと思います。大腸がんの便検査、検便検査などとよばれていますが、正式には便潜血検査とよばれる検査です。この検査は大腸がんがあるかどうかを直接調べているわけではありません。便の中に混ざっているごく微量の血液を検出しています。

大腸のキズやポリープ、腫瘍などから出血があれば、検便検査陽性となります。検査は(+)や(-)、(陽性)や(陰性)で結果が記載されています。検便検査の結果が(+) や (陽性)のときは、大腸癌を早期発見早期治療するために、大腸カメラによる大腸の精密検査が必要です。

大腸がん便検査

ドックや会社の健康診断で2回便をとって提出する検査が、大腸の検便検査です。大腸がんの便検査、検便検査、便潜血検査などさまざまな名前で呼ばれています。大腸がん便検査は、便の中に混ざっている血液を検出しています。目に見えないごく微量の血液でも化学反応を応用して検出できます。
大腸がん便検査は大腸がんを直接調べる検査ではなく、便中の血液を調べています。
大腸ポリープや腫瘍は表面がもろく出血しやすく、ここからの血液が便にまざります。この混ざった血液を検出するのが、大腸がん便検査です。
便の表面を検査容器についている棒でこすり、2回便をとります。食事制限の必要がない簡単な検査です。結果は(+)や(-)、(陽性)や(陰性)で記載されています。

便検査陽性のとき、どうすればよいのか

職場健康診断でコレステロール値が高ければ、食事、生活習慣を見直してから、「再検」となります。改善していれば一安心です。便検査の場合も再検でしょうか。便検査は再検して結果が陰性であっても安心できません。検便検査は大腸がんやポリープからの出血が便に偶然付着したものを検出しています。そのため再検して陰性でも、大腸に病気がないことにはならないのです。
「陽性」要精密検査の結果であれば、便検査の再検ではなく、大腸カメラで大腸の精密検査が必要です。

大腸カメラ検査を受けるまでの流れ

大腸カメラ検査を受けるまでの流れ大腸カメラを受けるためには、前日からの準備が必要となります。大腸カメラ検査のときに、腸に食べ物が残らないように、検査前日には大腸検査用に特別に作られた低残渣食をたべます。検査前にキノコや果物をたべると、そのままキノコや果物の種が残り精密検査の妨げとなります。

検査当日は朝から1.5リットルから2リットルの腸内の便を洗い流す、洗浄液を飲みます。2時間ほどかけてゆっくりと飲みます。少ない方で5回ぐらい、多い方で10回以上トイレに行きます。途中から便がほとんどなくなり、黄色透明となります。この洗浄液は自宅で飲んでいただくことができます。家事をしたり、テレビをみながら自宅でゆったりとした時間を過ごしながら服用していただくことができます。午前中は自宅で洗浄液を服用、昼からクリニックにご来院いただき大腸カメラ検査となります。

大腸カメラ検査の流れ

大腸カメラ検査の流れ大腸カメラ検査は、すごく大変な検査と思われていますが、約20分から30分程度の検査です。経験豊かな医師が検査を施行すれば痛い検査でもありません。中島クリニックではさらに楽に検査を受けていただけるように、検査のときに腸の中にいれるガスを工夫しています。大腸は普段しぼんだ風船のような状態です。しぼんだ状態では大腸を精密検査することができず、風船をふくらませるように腸の中に空気をいれます。ふくらんだ状態で腸の中をすみずみまで観察します。しかし、この空気が検査後に残ると、はり感、違和感の原因となります。

空気のかわりに中島クリニックでは炭酸ガスを用いています。炭酸ガスは空気の200倍のはやさで吸収されます。炭酸ガスを使うと、観察するときには空気と同じように膨らんで精密検査ができる状態になります。そして、検査後はすみやかに吸収して腸のはり感を残しません。
空気のように腸のなかに長時間残って違和感の原因とならず、炭酸ガスを用いた大腸カメラは理想の検査といえます。

大腸がん早期発見

大腸がんは早期(ステージ1)で治療すれば90%以上根治できる病気です。大腸カメラで早期発見早期治療が大切です。
大腸ポリープ(腺腫)があれば、大腸カメラでポリープを切除しておくことで、将来ポリープが大腸がんに進行することが予防できます。大腸がんは近年ふえてきている癌のひとつです。
特に女性は大腸がんが、胃がんを抜いて、がん死亡率の1位となっています。
食事の欧米化、高脂肪、高カロリー食、アルコール、肥満などが誘因です。

大切なこと

大切なことドックや検診の便検査で「陽性」要精密検査のとき、便検査を再検ではなく、大腸カメラでの精密検査をお勧めします。
便潜血検査が「陽性」の約5%に大腸がんが見つかります。
便検査は、偶然便の中に混ざったごく微量の血液を検出する検査です。どこから出血があったのか大腸カメラでの確認が大切です。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 0798-57-5170 胃カメラ 大腸カメラ 予約胃カメラ 大腸カメラ 予約 WEB順番予約WEB順番予約

中島クリニック

〒663-8003兵庫県西宮市上大市3丁目1-10

順番待ち予約状況


問診表


診療受付時間
09:00~11:00
16:00~19:00
内視鏡検査(要予約)
胃カメラ
大腸カメラ

アクセス

アクセス

阪急今津線
「甲東園駅」より
徒歩6

アクセス

専用駐車場
完備