日帰り内視鏡手術(ポリープ切除)

大腸ポリープの内視鏡切除術

大腸ポリープ

中島クリニックでは大腸カメラ(内視鏡検査)後、ポリープが見つかった場合日帰り手術を行うことが可能です。
全身状態、ポリープの性状など総合的に判断して日帰り手術可能であるか内視鏡医が判断いたします。
入院にて切除が望ましいと判断する場合もあります。
その場合は入院できる施設を紹介いたします。

当院ではポリープがあった場合、その大きさ、形、場所によって切除の器具を使い分けています。大腸ポリープを切除する代表的な方法である、内視鏡的粘膜切除術EMR(Endoscopic Mucosal Resection)を行います。

大腸ポリープの種類

大腸ポリープは自覚症状がない場合がほとんどです。
症状がではじめた頃はすでに、がんが進行している可能性もあります。

大腸ポリープは、40代から増えてきます。
定期検査によって、がん化(もしくは、がんの初期状態)がみられた場合は、速やかに切除が必要です。

大腸ポリープは、大きく4つに分類されます。

腺腫性ポリープ

大腸ポリープのほとんどが、腺腫性ポリープです。
正常な粘膜から腺腫(良性腫瘍)細胞になんらかの異常が起こり、やがて悪性化していきます。ポリープが10mm以上肥大すると、前癌状態(ぜんがんじょうたい)と診断されます。
つまり高頻度に「がん」になりやすい病変であるという意味です。
定期検査で発見された場合は、切除することが望まれます。

過形成性ポリープ

直腸に多く見られる良性のポリープです。
大きさは5mm以下で、がんになる可能性が低いとされています。
しかし、ポリープが右側結腸(盲腸・上行結腸・横行結腸)で発見された場合は注意が必要です。
過形成ポリープが6mm以上に大きくなると、がんになる危険性があります。
最終的には、内視鏡切除の対象となりますので、経過観察がとても重要です。

炎症性ポリープ

潰瘍性大腸炎などの炎症後に、傷跡のような形で残ったポリープです。
がん化の心配はほとんどありません。

若年性ポリープ

幼児・小児の直腸にできやすい良性のポリープで、過誤腫性ポリープ(組織の一部が過剰増殖したもの)の1つです。
自然に脱落することが多く、それに伴って下血や血便の症状がみられます。
若年性ポリープ単発では、がんのリスクはありません。
しかし、多発した場合は、がん化する恐れもあるため注意が必要です。

内視鏡手術(大腸ポリープ切除の流れ)

STEP.1 入念な検査前の準備

入念な検査前の準備内視鏡検査前の診察時に、全身状態のチェックをします。
注意: 血をサラサラにする狭心症や脳梗塞の薬(バイアスピリンやプラビックスなどの抗血小板薬、ワーファリン、プラザキサなどの抗凝固薬)を服薬しているかどうかの確認は重要です。

STEP.2 手術前日~大腸の中をキレイにする

手術前日~大腸の中をキレイにする手術前日は残便、残渣を減らすためにお渡しする検査食を召し上がっていただきます。
前日昼食はゼリーミールとビスケット、夕食にささみがゆとコンソメスープを食べていただきます。
外出先や職場でも食べられるようにパック食になっています。
また前日夜、下剤を飲んでいただきます。便通の良い方であれば朝までに何回か排便があります。

STEP.3 手術当日~検査前の腸内洗浄

手術当日~検査前の腸内洗浄検査当日、洗腸液を飲んでいただきます。
洗腸液は読んで字のごとく、便を洗い流し大腸の中を空っぽの状態に整えます。

STEP.4 ポリープの観察

ポリープの観察大腸内視鏡検査時にポリープが見つかった場合、ポリープに特殊な光を当てて観察します。
(狭帯域光観察Narrow Band Imaging, NBI)
通常の観察に狭帯域光観察Narrow Band Imaging, NBI)を併用することで、ポリープが悪性か良性か判断することができます。

STEP.5 ポリープの切除

ポリープの切除ポリープの後ろに注入(局注)してポリープを粘膜から浮かせます。
局注はポリープのサイズ、形状から判断して必要時に行います。ポリープを電気メス(スネア)にて切除します。

STEP.6 処置、検査結果、手術後の注意

処置、検査結果、手術後の注意ポリープ切除後、出血がないことを確認。治療を終了します
切除後のキズが大きい場合はクリップで出血予防のために縫縮することもあります。
日帰り内視鏡手術後、2日間は炭水化物中心の刺激の少ない食事を心がけていただきます。
手術後1週間は飲酒禁止です。
後日、切除ポリープの病理結果を説明いたします。

日帰り内視鏡手術の注意点

術後1週間程度は安静に

手術から7〜10日程度は、安静にしていることが望ましいです。
極まれに、大腸に穴が空いたり、出血することもあります。

  • 飲酒は避ける
  • 腹圧のかかる運動を避ける

例:ゴルフ・テニス・ジョギングなど)

  • 旅行を避ける

など、生活にある程度の制限をかける必要があります。
※ポリープの種類や大きさ、また手術の内容によって個人差はありますので、医師の指示に従ってください。

服用中の薬について

内視鏡を使った治療でもっとも留意したいのは治療後の出血です。
抗凝固剤や抗血小板剤は、血液をサラサラにする薬なので、服用している方は注意が必要です。
これらの薬を服用している場合は、必ず事前に医師へお伝えください。
ガイドラインに沿って、患者様それぞれのお体の状況に合わせた服用方法をご案内します。
場合によっては、服用を中止していただくことも検討されます。
※服用中止リスクのほうが高い方は、ポリープ除去を選択しないことも考えられます。

内視鏡手術(大腸ポリープ手術)の費用

検査種類 1割負担 3割負担
大腸検査(観察のみ) ¥2,500 ¥7,500
大腸内視鏡ポリープ手術(1ヶ所) ¥7,000 ¥21,000
大腸内視鏡ポリープ手術(2ヶ所) ¥8,000 ¥24,000
大腸内視鏡ポリープ手術(3ヶ所以上) ¥9,000 ¥27,000
一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 0798-57-5170 胃カメラ 大腸カメラ 予約胃カメラ 大腸カメラ 予約 WEB順番予約WEB順番予約

中島クリニック

〒663-8003兵庫県西宮市上大市3丁目1-10

順番待ち予約状況


問診表


診療受付時間
09:00~11:00
16:00~19:00
内視鏡検査(要予約)
胃カメラ
大腸カメラ

アクセス

アクセス

阪急今津線
「甲東園駅」より
徒歩6

アクセス

専用駐車場
完備