はなみず

鼻水(はなみず)とは

鼻水(はなみず)とは鼻の中はウイルスや細菌から体を保護するために繊毛(せんもう)とよばれる細いブラシのような構造になっています。鼻水によって繊毛は乾燥しないように適度な湿り気を保って体を保護しています。鼻水は1日に1リットル以上つくられていますが、のどの奥に自然におちて飲み込んだり、吸収してしまうために、健康な時には鼻から鼻水がほとんどでません。しかし、花粉症やかぜなどの時には、鼻が病気で炎症を起こすため、うまく調節できなくなり鼻水がふえて鼻からのどの奥に鼻水が落ちる症状がでてきます。調節できない鼻水が鼻から外にでると「鼻汁びじゅう」となり、のどに落ちると「後鼻漏こうびろう」になりのどのつまり感、咳の原因となります。鼻水の原因で多いのはかぜとアレルギー性鼻炎です。花粉症やアレルギー性鼻炎は透明な鼻水がおおく、かぜ(かぜ症候群)や急性副鼻腔炎などの感染が原因の鼻水は粘り気があり色がついていることが多いのが特徴です。

鼻水(はなみず)の症状

鼻水(はなみず)の症状鼻水は鼻の粘膜から分泌される液体で、水のようにさらさらとしていることもあれば、黄色く濁り粘りけがあることもあります。花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギーからおきる鼻炎は水のようにさらさらとしています。ウイルスが原因である、かぜ(かぜ症候群)の初期も鼻水が透明でさらさらしています。かぜをこじらせて、長引くとウイルスと細菌の感染が重なり、鼻水に黄色い色がついて粘りけがでてきます。慢性副鼻腔炎(ちくのう)の鼻水も黄色い色がついて粘りけがあります。

鼻の粘膜から分泌される鼻水は、鼻から外に出ると「鼻水、鼻汁」となります。鼻とのどはつながっているために、のどの奥に落ちると「後鼻漏」となり痰や咳の原因となります。長引く咳の原因が、肺が原因ではなく、鼻炎からの後鼻漏であることも多く、その場合は咳の治療ではなく、鼻炎の治療が有効です。
長引く咳で病院を受診するときは、鼻水が出たり、のどに鼻水が落ちてこないか咳以外の症状も主治医の先生に伝えるとよいでしょう。

鼻水(はなみず)の原因

鼻水の原因で多いのはアレルギー性鼻炎とかぜ(かぜ症候群)です。鼻の粘膜が花粉、ホコリ、ウイルスや細菌に過剰に反応して鼻炎をおこします。鼻水以外に鼻づまり、微熱、頭痛、眼の下に痛みなどをともなうことがあります。鼻水は外から侵入してきた細菌ウイルスや花粉などの異物を排除するための自然の防御反応です。
アレルギー性鼻炎の原因としては、スギ、ヒノキ、ブタクサ、イネなどの花粉、ダニ、ハウスダスト、ネコの毛、イヌの毛などのアレルゲン、さらにはシックハウス症候群とよばれるような壁のクロスに使われているホルムアルデヒドによる刺激も原因となることがあります。花粉やホコリなど以外にも、急激な温度差が刺激になり鼻炎がおきます。暖かいところから寒いところへ移動したときの、寒冷刺激が鼻炎の原因になります。
感染による鼻炎の原因としては、ウイルスと細菌があります。ライノウイルス、RSウイルスなどのかぜのウイルス、インフルエンザウイルスが鼻腔に侵入すると、鼻の粘膜を刺激して鼻水が多量に分泌されます。ウイルスによる鼻水はさらさらとした水のような透明な鼻水です。副鼻腔炎などの細菌による鼻水は黄色く濁っていって粘り気があります。

鼻水(はなみず)の検査

鼻水(はなみず)の検査血液検査でアレルギー性鼻炎の原因(アレルゲン)を調べることができます。アレルゲンの検査は、体がスギ、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ハウスダストなどに反応する物質(IgE)をもっているかを血液検査で確認します。採血結果は1週間前後でわかります。症状を起こす時期から推定して、春はスギ、ヒノキ、夏はイネ、マツ、秋はブタクサ、真冬はハンノキのIgEを測定します。特定の季節ではなく一年中鼻炎がおきるときは花粉ではなくハウスダストが原因のこともあります。ハウスダスト、ダニのIgEを確認します。症状がペットの毛が原因のこともあり、イヌフケ、ネコフケ、ハムスターに対するIgEの確認することもできます。自分自身が何に対してアレルギーをもっているかを知ることで生活環境の改善やマスクなどで予防することができます。

鼻水(はなみず)の治療

鼻水(はなみず)の治療鼻水の治療は、花粉症と同じく症状を緩和する治療が中心となります。抗アレルギー薬と生活スタイルの改善が中心となります。花粉の飛散開始時期を毎年予測することができます。花粉が飛散する1週間から2週間ほど前から抗アレルギー薬を服用すると、そのシーズンの鼻水、鼻づまりの症状が軽くすみます。抗アレルギー薬には様々な種類がありますが中心となるのは抗ヒスタミン薬です。古いタイプの抗ヒスタミン薬は眠気の副反応が強いのですが、最近の抗ヒスタミン薬は眠気がでにくく車の運転も問題ない薬があります。患者さんの症状、生活スタイルに合わせて薬を処方することができます。飲み薬だけでなく鼻水が強いときには直接鼻にスプレーする点鼻薬を併用します。
かぜやアレルギーによる鼻水は抗アレルギー薬が治療の中心となりますが、細菌感染が原因の慢性副鼻腔炎(ちくのう)は抗菌薬投与が必要となります。短期間の抗菌薬投与や、マクロライド系の抗菌薬を少量を長期に続ける治療がおこなわれます。

大切なこと

古いタイプの抗アレルギー薬の副反応として眠気とのどの渇きがあります。市販のかぜ薬には古いタイプの抗アレルギー薬が配合されていることがあります。工事現場、高所作業などの危険作業、車の運転をされるかたは副反応の眠気に注意ください。病院で処方する第二世代の抗アレルギー薬には全く眠気のでない薬もあります。お早めに当院までご相談ください。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 0798-57-5170 胃カメラ 大腸カメラ 予約胃カメラ 大腸カメラ 予約 WEB順番予約WEB順番予約

中島クリニック

〒663-8003兵庫県西宮市上大市3丁目1-10

順番待ち予約状況


問診表


診療受付時間
09:00~11:00
16:00~19:00
内視鏡検査(要予約)
胃カメラ
大腸カメラ

アクセス

アクセス

阪急今津線
「甲東園駅」より
徒歩6

アクセス

専用駐車場
完備